ケータイ小説 野いちご

吸血鬼の花嫁

序章



振り落とされてしまいそうなスピードで吸血鬼は空を急ぐ。

私は目を閉じながら、必死で吸血鬼にしがみついていた。

人よりもずっと体温の低い体。


なのに、不思議と冷たいとは思わなかった。


「どうやらここで合っていたようだな」


吸血鬼が止まる。

私はそっと目を開けた。

簡単には人が寄り付けない針枝の森の奥の洞窟から、ぼんやりと明かりがもれている。

私を抱えたまま、吸血鬼は雪の上に降り立った。


すぐ側には吸血鬼の涼しげな顔。

私は吸血鬼にしがみついていたことに気付いた。

自分の行動が急に恥ずかしくなる。


「あの…自分で歩けるから、降ろして?」


吸血鬼は横目に私を見る。

「先程まで私にしがみついていた者とは思えない言葉だな」

「それは…!」

不可抗力という奴だ。

反論しようとした私の口を吸血鬼が押さえ、静かにと警告した。


洞窟から誰かが出て来る気配がする。


吸血鬼は私を降ろすと雪の上へ立たせた。



< 20/ 155 >