ケータイ小説 野いちご

見えない罪と、月

1.fear

満月の夜、齢17~18の少年が目の前の男に真剣な眼差しを向ける。

男は黒ずくめ。闇夜の中では何処にいるかさえも見極める事が難しい程。


「貴方に会えて良かった」



1.fear

< 1/ 97 >