ケータイ小説 野いちご

ひととせと、マタタビ

:夏 episode2
スキナヒト




「―――そしたらその俺の友達がいきなりコートに飛び出しておっきい声で告白してさ」



「わ、それ私も見てました。とっても素敵でした!そういうことだったんですね」



「はは、いいよね高校生って感じで」






一緒に帰るようになってから一ヶ月。夏休みを挟んでもこの関係は続いた。
前ほどは緊張しなくなったし、少し笑えるようにもなった。






いつの間にか、先輩と帰るのが当たり前になっていた。







「織先輩はいないんですか、高校生らしいことするような相手」




「いるよ」




なんのためらいもせず、そう答えた。




今日の朝ごはん何だった? パンだよ
くらいの即答。







へえ、いるんだ。てっきり私は……








「したんですか?告白」



「はは、してない
聞いてよ心釉、俺の好きな子の好きなとこ」



「…いいですよ」



< 24/ 77 >