ケータイ小説 野いちご

性悪なヤツらの取り扱い方を教えてください。

アイツに恋人疑惑?


夏バテから数日後
私の体力は全回復、バリバリ動けるほどに復活。

最初の異変に気付いてくれた壱琉は
普段はイラっとするくらい冷たいのに
その時はなぜか珍しく優しくて。

寝込んでいる間は氷彗からの手厚い介抱に
終始ドキドキしっぱなしだった。
あ、手厚いって別に変な意味じゃないけど。

元大家さんとも再会出来て壱琉の両親の事も知れて
ほんの少しずつだけど
ようやく壱琉の事もわかってきた気がする。
性格の攻略はまだまだ時間が掛かりそうだけど。

***

「ヤッベェ!遅刻だッ」

階段上から聞こえたきたのは
ドタドタと凄まじい足音と
壱琉の慌てた第一声だった。

「何、どうしたの?
 アンタにしては珍しく寝坊?」

「うるせーな!
 好きで寝坊したんじゃねーんだよ!」

「誰だってそうでしょ」

平日に仕事に行く社会人が
好きで寝坊する人はいないでしょうに。

それにしても今朝は本当にバタバタだ。
『朝飯はいらねぇ』って言いながら飛び出して行ったが
微かにシャンプーの香りがするのは
どうやら朝シャワーは浴びたらしい。
そこだけは譲らないのか。

それはそうと。
陽射しが照り付ける前に部屋の掃除を始めたい私は
壱琉が食べなかった朝食を冷蔵庫に入れ
食器の後片付けを終わらせると、さっそく玄関へ。









< 116/ 161 >