ケータイ小説 野いちご

冴えない私の変身計画~浮気男に一泡吹かせてやろうじゃないの!!

助けてくれたその人は?

 
 
 「っ……うぇっ……たす……けてっ……っう……」


 無意識に心の声が漏れ出していた。


 その時、沙菜の泣き声しか聞こえない静かな空間に『ガタリっ』という物音が響き渡った。


 なに?


 だれ?

 
 
 沙菜はビクリッと肩を震わせ振り返ると、先ほどまでなかった大きな影がゆっくりと動き出し近づいて来た。沙菜は恐怖で息が止まり、とっさに後ろに下がろうとしたが、それが見知った人物だと認識して、胸をなでおろした。

「部長……」 

 オフィス内は暗かったし、誰もいないと思っていた。

 まさか相原部長がいるなんて……。

 相原部長こと相原蒼士(あいはらそうし)三十五歳はボサボサの髪に無精髭を生やしている。体格は大柄で背が高く沙菜より二十センチは大きいだろう。
  

 そんな部長が慌てた様子で沙菜の元までやって来ると、急に目の前に壁が現れた。

 えっ……何?

 そう思った時には身長差二十センチという大きな部長の腕の中で抱きしめられていた。

 ……なんで?

 なぜ自分は部長に抱きしめられているのかがわからない。

 そんな思考の止まってしまった沙菜の頭の上から低く優しい声が聞こえてくる。

「どうした?何があった?」

 大きな温かい手が沙菜の頭の上をなでる。

 温かい……。

 人の優しさに触れ、恐怖で止まっていた涙が再び流れ出した。


 部長はいつもぼさぼさの髪にヨレヨレのシャツで出勤するのはあたりまえで、前髪も長く黒縁の眼鏡をかけているため表情や感情がわかりにくい。

 それでも私のことを心配してくれていることが伝わってくる。今は人の……部長の優しさがうれしかった。

 沙菜の瞳から涙が零れ落ち、感情が抑えられなくなった口から嗚咽が漏れる。

「ひくっ……うっ……。えっ……うえっ……」 

「大丈夫だ……。大丈夫だから……」

 沙菜を抱きしめる腕は筋肉がしっかりしていて、とても太く抱きしめられていることで安心感をもたらしてくれる。

 部下への優しさだと分かっているのに、守られている……。守ってくれる……。

 そんな錯覚さえ感じられた。





 十分……いや、三十分位そうしていたと思う。

 ようやく落ち着いて頭がはっきりとしてくると、一気に現実へと引き戻される。

 私は一体何をやっているんだろう。
 
 部長の腕の中で子供のように泣きじゃくって。

 沙菜は蒼士の胸に顔を埋めたまま、顔を上げることもできないし、離れるタイミングもまったくわからなくなっていた。

 沙菜がソワソワとし始めたころ、頭の上からクツクツと笑う声が聞こえてきた。



< 4/ 42 >