ケータイ小説 野いちご

竜王陛下のもふもふお世話係2~陛下の寵愛はとどまるところを知りません~

8.ミレイナ、竜王陛下との未来を決意する
◆◆ 2

◆◆    2

 ミレイナは少し緊張の面持ちで鏡の前に立っていた。
 そこに映るのは、豪奢な衣装に身を包んだ自分の姿だ。

 胸元と袖口を彩る繊細なレース飾り、細く絞られたウエスト、そこから幾重にも重なるドレープ。そして、全体に飾られた布製の花飾り……。
 美しく結い上げられた髪の上、頭上には七色に煌めくティアラが輝いている。

 今日はミレイナとジェラールの婚約披露の舞踏会か開かれる。
 ミレイナがジェラールとの結婚を決意したときからラルフが大張り切りで準備していた会だ。既に会場には多くの来賓客が到着しているはずだ。

(大丈夫だよね……)

 最終チェックのためにミレイナは鏡の前でくるりと一回転する。ジェラールの煌めく髪を思わせるような薄い水色の生地がふわりと揺れる。

 カチャリとドアを開ける音がする。

「ミレイナ。準備はできたか?」
「あ、はい。ただいま」


< 231/ 244 >