ケータイ小説 野いちご

前世で「愛してる」と自分を慕ってきた義弟が今世でも義弟になった件

主要キャラクターの説明

ルリア・シューレベルト

主人公。十八歳。銀髪青眼。元々少しきつめの顔立ちだが、それをメイクでさらに際立たせている。
自分を慕う義弟を冷たく突き放し続けた前世の記憶がある。
心優しいゆえにひとりで背負い込みすぎたり、自己犠牲的なところがある。



レイ・シューレベルト

相手役。十六歳。金髪碧眼。怜悧な雰囲気を持つ。元平民。
ルリアの前世を一途に慕って、義理のきょうだいが結婚できないことも構わずに愛を伝え続けた人物の生まれ変わり。
ルリアに対しては、前世のこともあって対応に迷う→前世と同じく少し自己犠牲的な心優しさに惹かれる→距離が縮まってますます好きになる、という過程を辿る。



ゼット・シューレベルト

ルリアの父、レイの義父。金髪青眼。柔らかな雰囲気を持つ。
平民を娶った変わり者として貴族界では有名。
平民への福祉に力を入れている。
物語上では、ルリアとレイを出会わせ、二人が結ばれることに障害がないことを示す役割。



ラズ・インテッド

ルリアの幼馴染。黒髪金目。陽気でともすれば軽薄な雰囲気を持つ。
ルリアの一番の理解者を自称している。
物語上では、ルリアとの親しさをレイに嫉妬させて今世での想いを自覚させる役割。



メル・レイン

今代の聖女。茶髪茶目。天真爛漫な雰囲気を持つ。元平民。
元平民仲間ということでレイと親しくなろうとする。
ほんの少し、レイに恋心を持つ。
物語上では、ルリアに嫉妬し糾弾することでレイ陰の努力を知らしめる役割。



ユタ・フィール・エルレイン

ルリアたちが住まう国の末王子。青髪赤目(王家の色)。気さくな雰囲気を持つ。
聖女の補佐、監視の意味合いもあって学園に通っている。
王族としては自分が聖女と結ばれることを望まれていると察していつつ、聖女の自由を尊重している。
物語上では、聖女がレイとの恋のノイズになりすぎないための緩衝材的役割。


< 1/ 4 >