ケータイ小説 野いちご

白いジャージ ~先生と私~

第2章
暑い夏の日

高校二年の夏・・・

先生の『特別』になりたいと思ったあの日から、月日だけが流れた。


担任になってほしいと、星に何度も願ったけど・・・

またもや先生は隣のクラスの担任。


体育の授業だけが唯一の楽しみ。


「来週から、夏休みに入るが、補習のヤツはちゃんと来るように。嘘付いて、水泳休んだ誰かさん達も、みっちり俺がしごいてやるからな!」

チラっと私の方を見た先生。

いたずらっ子のようなその目が好き。

厳しい中にも、いつも面白いこと言って笑わせてくれる所が好き。

生徒のこと、一番に考えてくれる先生。

水泳の補習があるなんて知らずにずる休みしていた私だけど・・願ってもないチャンス到来!!


去年の夏休み、先生に会えないことが寂しくて、先生に会いたい一心で部活に入ろうかと悩んだくらい。



日に焼けた黒い肌、白い歯が光ってる。

かっこいいなぁ・・・


「おい!矢沢。どうした?気分悪いか?」

ボーっとしてる私に、先生が声をかける。

目の前が、スモークがかかったように綺麗・・

先生しか見えない・・


先生・・・好きです。




< 5/ 480 >