ケータイ小説 野いちご

白いジャージ ~先生と私~

第26章
卒業





最後の教室に足を踏み入れる。


黒板に書かれた先生からのメッセージ・・



『卒業おめでとう!!3年5組は永遠に不滅だぁ!!愛してるよ』


その周りにみんなが先生へのメッセージを書く。


こんなに素敵なクラスで過ごせたことが嬉しい。




「直~~!!!やっとこの日が来たね。」


ゆかりは私の首に腕を回す。


「ゆかりぃ・・・もう泣きそう・・・ゆかりのおかげだよ・・・」


「あぁ・・まだ泣くのは早いよぉ。よく頑張ったね!えらいえらい。」


ゆかりに頭を撫でられる私に依子とみーたんも寄ってくる。



何枚も何枚も写真を撮った。


少しでも

今の気持ちを忘れないように・・・



黒板や


先生の机や


廊下や


校庭や


音楽室や


更衣室・・



プールも、食堂も



卒業式までの時間・・・


みんなで思い出を 振り返る。




胸に付けられた赤い花。


本当に卒業するんだね・・・私達。





< 461/ 480 >