ケータイ小説 野いちご

年上幼なじみのあぶない溺愛

8.糖度高めの時間



 体育祭が近づくにつれ、春哉くんは忙しそうだった。

 団のトップに立つ者として、いろいろと仕事が多いらしい。


 そのうえ、団をまとめなければいけないため、相当大変な思いをしているはずだ。


「あら志羽ちゃん、おはよう」
「おはようございます!」


 最近春哉くんとの時間があまりなくて寂しかったけれど、嬉しいことに、春哉くんから会いたいという連絡が届いたのだ。

 そのため休日である今日に春哉くんと会うことになったのである。


< 140/ 380 >