ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

第3章
遥人side

ー遥人sideー

俺は今1人で園内をプラプラと歩いている。

_ついさっきの出来事。

「私と遥人は付き合ってたけど、2人は?」

なんで今いうんだよ。

たしかに由梨とは付き合ってた。

けどそれはフリ。演技だ。

由梨が彼氏のことで相談してきたとき_

浮気をしたらしく、仕返しがしたいと言ってきた。

浮気相手のフリをしてって言われたときは正直びびったしやりたくなかった。

けど、放っておけなかった俺は協力することにした。

無事成功したけど、あれから由梨は俺にくっつくようになってきて今に至る。

< 187/ 361 >