ケータイ小説 野いちご

校内1の王子に『恋』しました

第3章
ダブルデート!?



そして迎えた当日。

あれきり、わたしは遥人先輩を避けている。

合わせる顔がないっていうか…そんな感じ。

だから今日も気まずいんだけどね。

玄関を出ると裕也がいた。

『あ…裕也』

「…よ。待ってた」

裕也と肩を並べながら待ち合わせの場所へと向かう。

ー着いた場所は遊園地

あ、由梨先輩…。

入り口のところに由梨先輩がいる。

< 171/ 361 >