ケータイ小説 野いちご

小悪魔王子に見つかりました

寧衣くんと朝の海
寧衣side


……ん、重っ。

胸が圧迫されてるような苦しさで目を開ければ、

「……最悪」

昴のやつが俺の胸を枕代わりに頭を置いて気持ちよさそうにガーガーいびきをかいて寝ていた。

昨日、クラスのよく集まるメンバーでキャンプに来て。

二日目の朝である今日。

重たい昴の頭を持ち上げて少し雑に隣に戻せば、

「フガッ」

というダサい声を漏らした。

毎日毎日彼女が欲しいとうるさいけど、こんなんじゃ一向にできないと思う。

すぐ横に置いていたスマホ画面を開いて時間を確認すると、

時刻は朝の6時前。

だいぶ早く起きてしまった。

昨日遅くまでふざけ倒していた連中はまだまだ起きそうになくて。

先に起きて顔を洗って、みんなが起きてくるまで、朝の海でも眺めてこようと、俺はテントを出た。

< 90/ 375 >