ケータイ小説 野いちご

小悪魔王子に見つかりました

はじめまして寧衣くん



あの日から、自分は向こう側の人間ではないのだと気づいた───。


中1の9月。

『ねぇ〜姫茉ってさ、最近調子乗ってない?』

『あーそれ私も前から思ってた!』

女子トイレで、仲の良かったグループの子たちが、私の悪口を言っているのを聞いた日。

それから、徐々に変わっていったと思う。


『隆一くんと隣の席になったあたりからだよね〜』

『そうそう。前からちょっとぶりっこだなとは思ってたけどさ〜』


クラスメイトとして心を許していた、友達だと信じて疑ってなかった子たちの口から発せられる、

止まらない私の悪口。


個室のトイレで息を潜めながら、手足が震えて。

みんなの声を聞きながら、涙が止まらなくて息が苦しくて。

好きだったみんなに、私はずっとそう思われてたんだと怖くて。

みんながトイレを出てからも、バクバクと動悸が止まらなかった。

< 1/ 375 >