ケータイ小説 野いちご

溺愛120%の恋♡~クールな生徒会長は私だけにとびきり甘い~(野いちごジュニア文庫版)

あとがき


 はじめまして。作者の*あいら*といいます。
 このたびは、数ある作品の中から『溺愛120%の恋クールな生徒会長は私だけにとびきり甘い~』を手に取ってくださり、ありがとうございます。莉子ちゃんと湊先輩の恋、いかがでしたでしょうか?
 本作は、憧れがぎゅっと詰まったお話を描きたいと考え、思い浮かんだ物語です。校内で注目の的である、完璧な王子様のような先輩との恋。女の子なら一度は憧れるシチュエーションだと思います。私も、とても楽しんで書かせていただきました。
 読者のみなさまには莉子ちゃんになった気持ちで、湊先輩との恋を楽しんでいただけていたらうれしいです。

 書き始めた当初は、ときめくエピソードをたくさん描こうと思っていたのですが、時には莉子ちゃんと湊先輩のすれ違いもありました。思い描いていた以上に湊先輩が莉子ちゃんをかわいがる気持ちが大きくなり、湊先輩自身も自分の感情をどうしていいかわからなくなっていたと思います。
 ずっと女の子が苦手だった湊先輩にとって、莉子ちゃんは本当に特別な存在で、唯一無二の女の子です。限界の一〇〇%でも足りないくらいの溺愛だからこそ、すれ違いも生まれてしまうのでしょう。
 それでも莉子ちゃんと湊先輩はこの先、時にはすれ違ってケンカをしながらも、それでもお互いを想い合い、素敵な関係を築いていくのだろうと思っています。
 そんな相手に出会えたふたりは、きっとずっと幸せに過ごしていることでしょう。

 改めて、ここまで読んでくださりありがとうございます。こうして本という形になり、みなさまにお届けできたのは、さまざまな方のご協力があったからです。そして、いつも温かく見守ってくださる読者さまのおかげです。携わってくださったすべての方に、深く感謝申し上げます。
 それでは最後になりましたが、またお会いできることを願っております。




二〇二〇年八月二十五日 *あいら*





< 303/ 303 >