ケータイ小説 野いちご

懐妊一夜~赤ちゃんを宿したら極上御曹司の盲愛が止まりません~

オムナポリの奇跡

【刺激】は皆無で【安定】の毎日、ずっとそんな生活が続くと思っていた。

ーーそれなのに。
嵐は突然、私のもとへとやってくることになる。



「ねぇ、蜜葉? 今日の食事会のメンツなんだけど、あの大手広告代理店の……」

「だーかーらー! 私そういうのパス!」

昼休憩中、茜からのそんな話をされるのは今週に入ってこれで何度目になるだろうか。

食事会と言っているが、つまりは出会いの場を求めての合コンだ。人見知りの私は、正直そういう場が苦手で、茜からのお誘いに断固拒否を決め込んでいる。

「何で? せっかくの出会いの場なのに」

「私、人見知りだから無理。それに今日は行くところがあるの」

「どこよ?」

「それは……」

ヤバイ。そこに突っ込まれるとは思っていなくて、思わず言葉に詰まった。

「嘘でしょ?」

私の動揺は茜に伝わっていたらしい。

「う、嘘じゃないよ!」

「ふーん……」

< 7/ 140 >