ケータイ小説 野いちご

君といっしょに

病院
陽翔side


陽翔side


「高橋君、休憩中に悪いんだけどちょっと話ししても良いかな?」


昼運ばれてきた急患の処置も終わったので、遅れて昼ごはんを取っていると先輩の医者に声をかけられた。


「はい、大丈夫てす。」


「さっき急患で運ばれて子なんだけど
高橋君の担当にしたいと思っているけど大丈夫かな?」


「 はい、もちろん大丈夫です」


俺はまだ担当患者を持っていないから、その子が始めての患者になるのか。
頑張らないとな。




< 10/ 218 >