ケータイ小説 野いちご

泡沫夢幻


*


この物語にふさわしい名前を付けるなら、

「駿くん、何してんの~?早く行くよ?」
「ああ、今行くよ」

読みかけの本を閉じ、窓を閉める。




中学1年の春、交通事故で大切で憧れだった兄貴を亡くした。
俺はもう二度と大事なモノを作らないと決めた。


そう決めたはずだった。


だけど高校1年の春、

俺はキミに出会ってしまったんだ。


大切な存在がいるから俺は強くなれる。

4月ももう終わりに近い。

今年も母さんの好きな青いカーネーションと
真っ白なアネモネを持って外に出る。


「ほら、早く早くっ!」

雲1つない晴れ空にキミの声が響く。



< 1/ 205 >