ケータイ小説 野いちご

私に恋する可能性

7話 文化祭その2
多岐side

多岐side

その後…


うっわ

何このメンツ

最悪なんだけど


茂木が来た時点で嫌な予感してたけど
さらに犬飼までくるとか…俺かわいそう


「間部関係でもめてた?本人気づいてなかったけど」


それな

あいつは馬鹿だと思う


「なんすか犬飼先生」


あー茂木はしらねぇのか

犬飼も厄介だってこと


「いやー修羅場ってんなって思って」


…こいつ聞いてやがったな話

しらっと出てきたけど結構前からいたんじゃねぇの?


ていうかなんなんだよこいつら

俺らのことに干渉しすぎじゃね?そんな気になる?

やばいやつじゃん


…まあ俺もだいぶやばいけど



『次敬語使ったらキスね?』


…う、うあああ

俺何言ってんだよマジで

恥ずか死するわ


こういう時って冷静になったら終わりだよな


前髪をぐしゃっとする






つーか…

あいつ、いつから言われてたんだろ


『自称彼女』なんて…



< 222/ 270 >