ケータイ小説 野いちご

不良男子は溺愛体質

episode*02
伝えたい気持ち




あれから、一週間が経った。

水城くんは、ぱたりと空き教室に現れなくなった。


休み時間や朝にも行ったけど、一度も姿を見かけたことはない。


避けられているとわかって、ひどく胸が痛んだ。


水城くんに……会いたい。


ごめんなさいって謝りたい。

好きだって気づいたのに……この気持ちの行き場が見当たらなかった。



田邊くんとは、あれから話をしていない。

何度か声をかけられそうになったけれど、私の方が避けている。


田邊くんを見ると、怖くて話せそうになかった。



今日も、水城くんは来ないだろうな……。

もう、会ってもらえないのかな……。



「また落ち込んでるの、花絵」



お昼休み。ミナちゃんが私の顔を見ながら困ったように笑った。



< 60/ 78 >