ケータイ小説 野いちご

【完】溺愛プリンスに捕まってしまいました。

第1章 プリンスに捕まりました。
『やっと、捕まえた』

―――――
――――
―――


『さて、みなさんの机には教科書が置いてあると思います。これが今日からみなさんが使う、教科書です。なくさないように、名前を書きましょう』


桜の舞う、入学式。
担任の先生の声でみんな筆箱から油性ペンを取り出して、教科書に名前を書き始める。


……もちろん、私も。


『なぁなぁ』


名前を書いていると、隣の席の男の子に声をかけられた。


『油性ペン、忘れちゃったから後で貸してくんない?』


申し訳なさそうに手を合わせてお願いしてきた男の子。


『う、うんっ!』


慌てて名前を書くと、男の子に油性ペンを手渡す。


『さんきゅ! すぐに返すから!』


そのときの男の子の笑顔に私の胸は撃ち抜かれたようだった。
初めて知った感情。
今思えば、あれは一目ぼれだった。


『ありがと、助かった。ところで、名前は?』


『千葉羽音……』


『羽音な! 俺は黒澤昴。よろしくな、羽音』



男の子……黒澤くんに差し出された手。
私は少し照れながら、その手に自分の手を重ねた。

< 20/ 274 >