ケータイ小説 野いちご

隣のキミをもっと溺愛、したい。

第一章
なぜか一ノ瀬くんの腕の中。

翌朝、
いつもより少し早い時間に
家をでて学校に向かった。


ハナミズキの彩る歩道を抜けて、
足元に視線を落とせば、
スミレの花が朝露に輝く。


開門したばかりの正門をくぐり、

朝日が差し込む
静かな校庭をかけぬける。


うんっ、
気持ちがいいっ!

大きく伸びをして
体育館の裏に向かった。


体育館裏にある倉庫を開けて、

届いたばかりの花の苗を
花壇の横に並べていると、

トントンと、肩をたたかれた。


「こんなに朝早くどうしたの?」


顔を上げると、
そこに立っているのは

野球部のユニフォームを着た、
涼しい目元に
キリリと整った顔立ちのひと。


見知らぬその人に
キョトンと首をかしげる。


すると。


「俺は、
伊集院 奏(いじゅういん かなで)。
野球部の2年」


爽やかな笑顔が返ってきた。


わわっ……

爽やかすぎて、眩しいっ。


でも、どこかで聞いたことがある名前。


えっと、伊集院?

そっか!

スポセン3の伊集院くんだ。


う、うわあ、こうして見ると、
爽やかさ半端ないなぁ。


ただそこにいるだけで漂う爽やかさは、
いったいどこから来るんだろう?


すると、
にっこりと笑いながら
伊集院くんが口を開いた。


< 37/ 276 >