ケータイ小説 野いちご

隣のキミをもっと溺愛、したい。

第一章
隣の席のキミ。

【羽衣 side】

お腹いっぱいの5時間目。

心地の良い春の風が、
ベージュのカーテンをふわりと揺らす。

隣の席の一ノ瀬くんはバスケ部のエース。


朝練で疲れているのか、


うとうとと気持ち良さそうに
寝ている一ノ瀬くんの横顔に

太陽の光の粒が跳ねて、

アーモンド形の瞳を縁取る長いまつげが
キラキラと光る。


風に揺れる少し長めの黒い髪。


綺麗な横顔だなーと
ぼんやりと眺めていると、

うっすらとまぶたを開けた
一ノ瀬くんと目が合った。


「……ん?」


がばっと起き上がって、

ねぼけた眼差しで
黒板をじっと見つめた一ノ瀬くんは

ゆっくりと目を閉じて再び夢のなかへ。


うん、今日の一ノ瀬くんも通常運転です。



< 1/ 276 >