ケータイ小説 野いちご

俺はお前しか好きになれないから。

♡Valentine Kiss♡

2月にある女子高生の大イベントと言ったらきっとバレンタイン。


私のクラスもその話で持ちきり。

和気あいあいしている教室。

彼氏にあげるとか好きな人にアプローチするとか。


The、女子高生って感じ。その顔はキラキラしていてあたしとは大違い。すでに格の差を見せつけられている。



繰り広げられているチョコレートの話から背けるように窓に視線を移してぼーっとしているとクラスメイトに声をかけられた。


「朱音(あかね)は〜?作らないの〜?今日私たち作るんだけど〜!!」

「ん〜私はいいや〜!みんなでつくりな〜!」

「え〜作らないの〜?好きな人にあげないの〜?」



好きな人……その言葉にドキリとした。

けれど、バレないように言葉を繋ぐ。

< 1/ 20 >