ケータイ小説 野いちご

身代わり結婚だけど、愛されています

新居にお引越し


 披露宴の三日後、羅良の代わりに私が新居に引っ越すことになった。

 準備が間に合うはずもなく、引越し業者が来るぎりぎりまで荷造りするはめに。

 Tシャツで汗を流していると、父がふらっと私の部屋に顔を出した。

「お前もとうとう嫁に行くんだなあ……」

「現実逃避はやめてよね」

 本来なら、羅良の門出を涙ながらに見送るはずだった父は、私を代償にして雰囲気を味わっている。

「おい、そんな味もそっけもないTシャツばかりじゃなく、羅良の服を持っていけよ」

 ツッコまれた父が反撃に出た。

 ダンボールに押し込まれた私の服は、たしかにスポーツブランドの発汗Tシャツと、ジャージが多い。

 上着と言えば、くるぶしまであるベンチコートだ。確実に温かい。

 逆に、羅良のは清楚系OL服。基本パステルカラーのふんわりしたブラウスや、スカート。

「羅良の服って可愛いけど、動きにくいんだよねえ……」

 仕方がないから、さっと首を通すだけでよさそうなワンピースなど、何点かダンボールに詰める。

 急な来客のときに役立つだろう。

「そうだ、仕事場に挨拶に行かなきゃ」

 急といえば、私の退職もかなり急、しかも月末でもない意味不明なタイミングだ。

 今日は無理でも、近いうちに挨拶に行かなくては。


< 24/ 210 >