ケータイ小説 野いちご

身代わり結婚だけど、愛されています

中華とパンケーキ


 目を覚ました私は、スマホを見て跳び起きた。

「裕ちゃん!」

 リビングに急ぐけれど、そこにはもう誰もいない。

「しまったー……」

 完全に寝坊してしまった。

 キャンプから帰ってきたのは、昨日。日曜の夕方、ちょうど国民的アニメの主題歌がテレビから流れだす時間だった。

 土曜の夜、星を見てからいい加減寒くなってテントに戻ると、なんとベッドはひとつしかなかった。

 あれ、そうだっけ。なんか、可愛い家具に浮かれていて、ダブルベッドなのを見逃してた。

 私たちは顔を見合わせた。

『……布団で寝たいよな』

『んーでも、私こっちでいいよ! 大黒柱に風邪をひかせるわけにはいかないもの』

 ベッドの横に、申し訳程度に寝袋が置かれている。

 私はそれを指さしたけど、裕ちゃんは首を横に振った。

『夫婦でそれはおかしいだろ』

 出た。偽装結婚で、他に誰も見ていないのに無駄に夫婦のふりを強要してくるやつ。

『で、でも……』

『心配しなくても、いつも通り。希樹が了承してくれないなら、何もしないよ』

 裕ちゃんはベッドに腰かけ、隣のスペースをぽんぽんと叩く。

 何もしないのは夫婦としておかしくないんでしょうか……。


< 114/ 210 >