ケータイ小説 野いちご

主治医の兄

学校
涼太side

ん〜!
疲れたー。

バタ、、バタ

プルルル……プルルル
PHSが鳴った。

ん、広治か。
どうしたんだ?

涼「広治どうした?」

広「芽衣が学校で倒れたらしい。今、優希と共に搬送される」

涼「わかった」

まじか。
朝、あんだけ走るなって言ったのにな。

< 8/ 47 >