ケータイ小説 野いちご

主治医の兄

病院
【芽衣side】

______________

んっ。ここは、病院か。

戻ってきちゃった。

シャー。

涼「あっ、芽衣起きたんだね。具合悪いところある?」

芽「今は大丈夫。」

こう見えて涼兄は怖いから言わないと後から怒りがふってくる。

芽「それより、退院いつ出来る?」

涼「うーん。数値が良くなったらかな。」

そっか。私、悪かったんだ。

また、学校行けるかな……

涼「芽衣?…芽衣!」

芽「え?」

涼「どうした?ぼーっとしてるけど。」

芽「ううん!大丈夫!」

涼「そうか。じゃあ、また夕方来るからね。」

< 10/ 37 >