ケータイ小説 野いちご

【完】俺の隣にいてほしい。

*彼の部屋でふたりきり

それから間もなくして、学校では文化祭に向けての準備が本格的に始まった。


今日も6時間目のホームルームでは、クラスみんなでクレープ屋のメニューを考えたり、看板づくりをしたり大忙しだ。


私は仲良しの彩実ちゃんと優里亜ちゃんと三人で、仲良くおしゃべりをしながらポスター作りに励んでいた。


「ねぇ、優里亜は学祭に彼氏連れてくるんだよね?」


黒の油性ペンを片手に、彩実ちゃんが優里亜ちゃんに尋ねる。


「もちろん! まーくんと約束してるから、当日は一緒にまわる予定だよ~。心音は椿くん誘ったりしてないのー?」


「あ、うん。学祭の話したら、友達と一緒に来てくれるって言ってたよ」


「へぇー、そうなんだ。友達連れてくるのか~」


するとそこで、彩実ちゃんが今度は私に尋ねてきて。


「ねぇ心音、例の氷上くんって人は誘ってないの?」


そういえば、この前もそうだったけど、彩実ちゃんは氷上くんのことがすごく気になるみたいで、やたらと氷上くんのことを推してくる。


「あ、氷上くんにも昨日塾で話した時、行きたいって言われたから、来てくれるかも」


「えっ、ほんと?」


私が答えると、嬉しそうに目を輝かせる彩実ちゃん。




< 165/ 311 >