ケータイ小説 野いちご

DARK&COLD −月のない夜−

檻の中













「ごめんねー、瑠花ちゃん。響平がお世話になりました」




泉くんが寮まで迎えに来たのは、朝の5時半を回った頃。
私が眠ったあと、響平が電話で連絡を入れていたらしい。




「ひっさびさに外に出たなあ。修学旅行の夜にホテルこっそり抜け出す、くらいのスリル感だった。嫌いじゃないけどね。正直、今もヒヤヒヤしてる」




泉くんの言う“外“というのは、たぶん“あの街の外”という意味。




「出ちゃいけない決まりみたいなのがあるの?」

「うん。そういう感じ」

「それ……大丈夫なの?2人でこんなところに来て」

「全ッ然大丈夫じゃないよ」




なあ?と響平に同意を求めて、ケラケラ笑ってみせる。




「あの人がいない時間帯でよかったよな~ホント。ってか、そもそも。あの人が出掛けるからってことでお前が呼び出されたんだっけ」


「あんま覚えてねぇな」


「飼い犬に注射打って出かけるなんて、ご主人様は徹底してるね」



< 153/ 334 >