ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君と恋する通学時間


「はぁ、どうしよう」


ますます好きになってる。

授業中も家にいる時も、小鳥遊君のことで頭がいっぱい。


朝が来るのが待ち遠しくて、一分一秒でも長く一緒にいたいから、ずいぶん早めに家を出るようになった。


帰りの電車ではほとんど会うことがないから、とてもさみしい。


小鳥遊君の高校の最寄り駅に電車が着くと、その姿を無意識に探している。


膨らむばかりのこの想い。


「いっそのこと、告白しちゃえば?」

「そうだよー、そんなに悩むくらいならちゃんと伝えたほうがいいって」

数日前、私はとうとう佳世と梅ちゃんに自分の気持ちを打ち明けた。


二人はきゃあきゃあ言いながら私の恋バナに耳を傾けて、最後には応援すると言ってくれた。

「相手に好きな人がいたっていいじゃん。伝えなきゃ、伝わらないよ?」

なんて言ってくれる梅ちゃん。
「でも……」

伝えなきゃ、伝わらない。

それはわかってる。

でも、勇気がない。


だって、振られたら今のままの関係ではいられなくなる。

話せなくなったら、嫌だよ。

苦しいよ。

それなら、今のままでいるほうがいい。



< 41/ 84 >