ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

コール・ミー!!!

トロンプルイユ

ここは、…保健室?


1人、目を覚ます。
5月の明るい日差しが、白いカーテンの隙間から、少しだけベッドにこぼれ落ちている。





瑠衣は1人で、寝ていたようだ。





後頭部が、ズキズキと痛む。
何があったか、まるで覚えていない。
頭が、ボーっとしている。





保健室のドアが、ガラガラと開く音がした。





「大丈夫?佐伯」






カーテンの外から、声が聞こえる。





誰の声?






「開けていい?」





カーテンの事を、言っているのだろうか?





「はい」






カーテンが開くと、滝君が中に入ってきた。


少しだけ日に焼けた肌。
人懐っこそうな、黒くて大きな瞳。
無造作で、ウエーブがかったナチュラルヘア。
部活練習用のテニスウェアを、彼は着ていた。



いつもの滝君だ。




彼は瑠衣のベッドに座り、すぐ近くに寄って心配そうにこちらを見つめた。

瑠衣は、ベッドの上で起き上がった。




「上から、何かが落ちてきたんだ」





「…?」




「それが頭に当たって、気を失ってたんだよ、佐伯」





さらに近づいてきた滝君は、正面から真っ直ぐに瑠衣を見つめている。



そのまま、彼は瑠衣の後頭部に手を伸ばし、ゆっくりと触れた。




「…」




テニスボール1つ分だけしか無い距離。




目と目が合ったまま、彼は瑠衣の髪を優しく何度も、何度も、撫でている。



くすぐったい。





でも、






気持ちいい。






彼は囁く。
潤んだ瞳で。





「痛い…?」






瑠衣は、首を横に振った。





この状況は、一体何?






そのままの体勢で、滝君はまだ瑠衣だけを、熱い瞳で見つめ続けている。





滝君…?






どうしたの…?





あれ、





声が出ない。















彼は、そのまま瑠衣に、
ゆっくりとキスをした。












何度も、








何度も、








何度も。











そして。












だんだん角度を変えて、
どんどんキスは深くなっていく。












「…!!」












滝君?!











声が出ない!!!









体が、動かない!!!!









滝君は瑠衣の耳元から、首筋、鎖骨まで、静かにゆっくりと指を這わせた。








…!!










そして彼は瑠衣の首筋に自分の唇を押し当て、










そのままゆっくりと、首から下の方へと、なぞっていく。











「…!!!」






………。




………。




………。












っっっっ!!!!!









瑠衣は自分の部屋のベッドから、
思いっきり飛び起きた。







今の、夢?!!!!!







だよね、





ホッ、


とした。







………。






何て夢だ!!!!!








瑠衣は恥ずかしさと罪悪感のあまり、自分のお姫様風ベッドの白いパイプ部分に、




ガン!


ガン!


ガン!







と、頭を何度もぶつけ続けた。







すると、バタン!と、部屋のドアが開き、



「ウルサイ!!!お姉!!!」



と、理衣が部屋に怒鳴り込んできた。








「………どうしたの」

理衣は、あまりにも瑠衣の様子がおかしかったため、心配になって尋ねてきた。


「恥ずかしくて、言えないよ……」



理衣は、大きく溜息をついた。



「いつもの、変態の、変態による、変態のための夢?」


何も、そこまで変態扱いしないで欲しいが、今はこの理衣の罵倒がいっそ心地良い。


「…またアイドル歌手が、夢に出てきた?」



そんなにカワイイ夢じゃない。



瑠衣は、枕に顔をうずめながら、首を激しく横に振った。



「…もう今日、学校行きたく無い」


理衣はそれを聞いて呆れた。


…お姉が学校行かないなんて、
雹でも降るんじゃないだろうか。



「行かなきゃ単位取れない学校でしょ?」


瑠衣は結局、母と理衣による渾身の説得によって、マスクをしながらしぶしぶ登校する事となった。



玄関から一歩外に出ると、

トオヤが、瑠衣を家の前まで迎えに来ていた。

< 21/ 60 >