ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

コール・ミー!!!

ハウンド・トゥース

佐伯瑠衣は、人と出会うのが大好きだ。

だから、新しい出会いが多い春が、日本の四季の中で最も好きである。

四条南高校では、毎年クラス替えが行われるため、2年生になると見たことのない顔ぶれがクラスに揃った。

今年度は10クラス全部がシャッフルになったため、去年一緒のクラスだった友達はかなりバラバラになってしまい、2年1組で一緒になったのは戌井君、滝君、東條さんの3人だけだった。

興奮する。

新しい毎日が、これから始まるんだ。
瑠衣は人間観察が大好きなので、新しいクラスメイトに注目することが面白くてたまらない。

この性癖を『変態っぽい』とか、『観察されるなんて居心地悪い』とか非難する人だっているかも知れない。だから瑠衣はワクワクを必死で隠し、ニヤニヤしながら4月を過ごすのだ。

高校2年の春は、一度しかやって来ない。
この毎日を、1分1秒を、楽しみたい。


恒例の自己紹介タイムになった。一人一人が皆の様子を探りながら、無難な自己ピーアールを始め出した。

『安斉誠です。バスケ部です。よろしくお願いします』


瑠衣は思った。
これでは、安斉君がバスケ部所属だという事しかわからない。

つまらん。

もっとこう…彼がどういう食べ物が好きなのか、とか、何フェチなのか、とか、どういう場所にいるのが好き、とか、そういう基本情報が知りたいのだ。

そんな事を決して言いたくない人も、聞きたくない人も、多いのかも知れないが。

全員もっと、色々な何かを教えて欲しい。

話しかけるきっかけが欲しいから。

1年間一緒にいる中で色々聞ける事が増えるかも知れないが、一人一人と会話できる時間は、驚くほど限られているのだから。

瑠衣がモヤモヤしているうちに、男子の自己紹介が進んでいく。


次が、瑠衣の隣に座る男子の番だった。
立ち上がった彼を見て、瑠衣は両目を見開いた。


なんつー美形!!!



その麗しい外見だけでもう、皆の視線は釘付けだ。


そこには少女マンガに出てくる王子様のような容姿で、さらさらした栗色の少しだけ長い髪が印象的な、長身の美少年が立っていた。


彼からは、人を拒絶するような、近寄りがたい雰囲気を感じた。


自己紹介の間中ずっと彼は目を伏せて、自分の机以外何も見ようとしなかったから、そう見えたのかも知れない。

「久世 透矢(くぜ とおや)です。去年まで北海道の札幌市に住んでいて、この春からこの高校に転校して来ました」


彼は続けた。


「趣味は勉強。部活には入りません」


淡々とした低めの声で彼がそう言うと、皆は少しだけどよめいた。
趣味は勉強などと言う人は、いなかったからだ。

しかし彼は飄々とした雰囲気であって、『オレ、勉強できるんだぜー!』といった自己顕示欲が強そうな人とは正反対の人柄に見える。人が自分に注目していようといまいと、全く我関せずといった様子である。

そして彼は、そのまま着席してしまった。


???
何だか、妙に面白い人だ。
勉強が好きなのだろうか。


彼と話をしてみたい。
瑠衣は、そう思った。


自己紹介の順番が、瑠衣に回って来た。


「佐伯瑠衣です。1年の時は3組にいました。手芸部に所属していて、動物のぬいぐるみを作る事が好きです。どこかくつろげる場所に遊びに行く事と、人と話す事が大好きです。一緒にお茶してくれる友達を募集しています。どうか、よろしくお願いします」


ウザそうなうるせえヤツ、と思われただろうか。


まあいい。


…これでも瑠衣の自分史の中で、最低限の情報しか、発信しなかったのだが。


最近メジャーデビューしたてのアーティストのファンクラブに昨日入って、そのアーティストの研究に夢中である事とか、作ったぬいぐるみの中では白猫が最も多く、白猫ちゃんへの愛情は他の動物への愛情とは桁違いのモノであり、瑠衣作ぬいぐるみ史上過去最高の50個目を突破した事とか、他の人にとっては心の底からどうでもいい事を、もっと知ってもらいたかった。


瑠衣は、心の中でまた、呟いた。


まあいい。

まだ時間はあるのだから。





< 1/ 60 >