ケータイ小説 野いちご

夏色の初恋を君にあげる



はっと顔をあげると、開け放たれたドアのところに、ジャージ姿の由良くんが立っている。


「どう、して……」


「ひとりじゃないかって思ったから」


走ってきてくれたのか肩で大きく呼吸をしながら、由良くんが一歩踏み出す。

その瞬間、バチンッと突然、図書室の明かりが消えた。


「きゃっ」


思わず悲鳴をもらし、ぎゅっと目をつむる。


するとすかさず駆け寄ってきた由良くんが、私の肩を抱き寄せた。


「大丈夫?」


「うん、大、丈夫……」


由良くんの甘く穏やかな声が、乱れた私の心を落ち着かせる。

暗闇の中で、馴染みのあるシトラスシャーベットの香りが私を包み込んだ。


「部活は……?」


「終わって、着替えようとしてたとこ。よかった、一番に駆けつけられて」


< 25/ 52 >