ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子

波乱の予感




夏休みも終わり、今日から新学期。


「律花ちゃん、ニヤけ過ぎだから!」


付き合ってまだ数日しか経っていない私は、この嬉しさを抑えられなかった。


「だって…へへへ///」


花ちゃんは「もう重症だ。」と呟いて、自分の席へ戻って行った。


夏祭りのあの日、帰ってから直ぐに花ちゃんに報告した。



まさに、報連相。


3時間もずっと花ちゃんに話っぱなしだった。


「律花。おはよ。」



< 97/ 147 >