ケータイ小説 野いちご

闇に溺れて、秘密のキスを。

不穏




ドキドキする。
神田くんと会うのが、こんなにもドキドキするだなんて。


───次の日の朝。


いつもの時間に神田くんとホームで合流するため、移動している途中だったけれど。

昨日のことが頭から離れなくて、なかなか足が進まない。


どういう顔をして会えばいいのか、とか。
いつもはどんな風に話していたのか、とか。

考えれば考えるほど、“いつも通り”がわからなくなり、今の状態に至っている。


けれどあと数分で電車が来てしまうため、神田くんと合流しないという選択はなかった。


ようやく重い足を無理矢理速めようとしたその時。


「白野さん」

近くで私の名前を呼ぶ声が聞こえ、胸がドキッと高鳴った。


間違いない。
この優しい声音は神田くんだ。

いつもは振り向いて、おはようと挨拶するのだけれど───


「お、おはよう…ございます」

体は神田くんのほうを向きつつ、顔を背けて思わず敬語になってしまう私。

明らかに不自然な姿。


「……あれ、白野さん?」

もちろん神田くんもすぐ、不思議に思い。
私の名前を呼んで足音が近づく。


「あ、う、電車来るから…並ぼう!」

それから逃げるように背中を向け、いつも電車に乗る時のホームの場所へと移動しようとしたけれど。


神田くんが私の腕を掴み、それを許してくれなかった。


「どうして俺と目を合わせてくれないの?」

少し不満気な声。

拗ねたように聞こえなくもないけれど、掴まれている手の力は結構強い。


「で、電車が来るから…」
「まだ通過待ちだよ」
「並ぶ人多くなっちゃう。だから早く行こう」


見れない、絶対見れない。
思い出してしまう。

神田くんの意地悪で反応を楽しむような手つきに、甘くとろけそうな深いキスを。


< 359/ 530 >