ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に溺れて、秘密のキスを。

接近




私は、本が好きだった。


『また本の話?』
『未央ちゃん、本の話ばっかでつまんない』


本を読むことが大好きだった私は、その言葉で深く傷ついて。

いつしか本が好きだということを隠すようになった。


私もみんなと同じように少女漫画を買って読み、雑誌も集めた。


けれど本を封印することはできなくて、放課後一人で図書室に行っては借りたり、本屋さんで買ったりして、家で読んでいた。


それは高校生になっても同じだった。

みんなとドラマや好きな芸能人の話をする傍ら、週に一度図書室に行って好きな本を借りる。


そんなある日、私はある男の人を見つけた。

一瞬で目を奪われるほどの綺麗な容姿。

メガネをかけ、制服を着こなしている“真面目”な男の人だったけれど、かっこよさは滲み出ていて。


思わず話しかけたい衝動に駆られたが、必死でその気持ちを抑えたのを今でも覚えている。


< 2/ 530 >