ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇に溺れて、秘密のキスを。

プロローグ




放課後、君と秘密の時間。



「ほら、俺から目を逸らさない」


いつもは真面目な彼だけれど、私とふたりきりの時だけ。
メガネを外し、妖艶に笑って私を壁まで追い詰める。


もう、逃げられないように。
完全なる包囲網。



「俺だけを見ていて」


いつもは閉めてあるシャツのボタンを外し、鎖骨の下から見え隠れする和彫り。

危険な色気を纏う彼。



「絶対に、いなくならない……?」


時折、すごく不安になる。
彼が突然消えてしまうんじゃないかって。



「未央をおいて消えるなんてありえない。
逃げるなら、未央も一緒についてきて」


安心させるように、私の耳元で甘く囁く彼に───



もう、私は溺れているんだ。


< 1/ 530 >