ケータイ小説 野いちご

無気力オオカミくんは、私だけに夢中。

西野遥日は観賞用




「うわラッキー、1番いい席……。
そして菊本利奈ちゃん、さっきぶり」




私はあんぐり口をあけて、だるそうに机を引きずってきた人物を見あげた。

今日の5限目、ロングホームルームは、待ちに待った席替えの時間。

その結果は……。




「グラウンド側の一番うしろ。
2人で楽しーこと、いっぱいできるね」




よりによって、西野遥日の隣。

ていうか何? “楽しいこと”って……。

意味わかんないし。意味わかんないのに、なんか心臓が勝手にドキドキいってる。




「利奈ちゃん、なにヘンな顔してんの」

「り、利奈チャン? ヘンな顔……?」



いきなり下の名前で呼ばれるものだから、動揺して上ずった声が出た。




「俺の隣がイヤなのはわかるけどねー。決まったことはしょーがないから、仲良くしよ」



なんだか妖しい笑顔。



「ね、利奈ちゃん」

「っ!わかった……っ。でも、下の名前で呼ばれるのは、ちょっと……」



< 9/ 332 >