ケータイ小説 野いちご

無気力オオカミくんは、私だけに夢中。

風邪ひきなオオカミ


.

.






月曜日。

「……おっす」

朝家を出たら、陸人が立ってた。




「陸人、今日は朝練ないの?」

「ああ」

「珍しいね。じゃあ一緒に行く?」

「ん。そのつもりで待ってた」




こういうことは時々ある。

朝練がないとき、かつ、陸人の気が向いたとき。




「おっ。ふたり相変わらず仲いいねぇ」

「まだ付き合ってないの~?」




駅へ向かっていたら、中学が一緒だった子たちが声をかけてくる。


「うるせえ~散れ!」


冗談っぽく怒ってみせる陸人に、同級生たちはキャハハと笑いながら去っていった。


いつもの光景。
私たちはそれを何度かくり返しながら電車に乗りこむ。



陸人が扉付近に空いた席をすばやく見つけて、私を座らせてくれた。

いい男に成長したなあと、つり革を持つ幼なじみの足元を見つめながら、しみじみ思う。



< 86/ 332 >