ケータイ小説 野いちご

無気力オオカミくんは、私だけに夢中。

プロローグ





「ごめん、ちょっと匿って?」



保健室の窓から、いきなり人が入ってくるんだもん。
びっくりしちゃう。

それが、同じクラスの超絶イケメン男子だなんて
……もっと、びっくりしちゃう。




「はあ……ホント疲れる」



気だるいため息と同時、ブラウンベージュの明るい髪がさらりと揺れた。



脱いだスニーカーを片手に持って、音もなくきれいに着地した彼の名前は


──────西野遥日(にしのはるか)


あまりの顔の美しさに見惚れていると、ふいに視線が絡み合い、心臓がドキッと跳ねあがる。




「……ちょっと、こっち」

「へ?」

「見つかったら俺、マズい」



ふわっと甘いにおい。


腕をグイッと引っぱられて、窓の下に 2人でしゃがみ込むかたちになった。


< 1/ 332 >