ケータイ小説 野いちご

大好き!ばいばい

心が苦しくて…~冬~

だんだん、全てが終わっていく。
その事実が心を痛める。
中学違うから、会えなくなるんだよね…
お姉ちゃんが受験して特待生で入ったから、私も受験して、なんとか特待生で入学しないといけない。
私は、ほんとは地元の中学に行きたかったんだけど…
受験して受からないと私のプライドが傷つくから。
妹って本当にやだ。
なんで、私はみんなと一緒じゃないの?
私は、心の中に大きなプライドの山がある。
それは、少しずつ少しずつ、大きくなった。

< 71/ 125 >