ケータイ小説 野いちご

幸福論

第1章 これは仕事
〜まこ〜

これは仕事。


いつからだろう。
そう思い込むことで
自分を安心させるようになったのは。






志乃にそう耳打ちされてからの私は
仕事モードで彼らと接することに専念した。



それでももう限界。
そう思った私は志乃の服の袖をキュッと握った。


これが2人で決めた合図。
なんの違和感も残さずに志乃は断りを入れてくれた。







「はぁ、ごめんね、志乃。」

「ん〜?全然よ。今日は長い方だったよ。」




ブースを後にした私達は
さっき購入した商品を受け取りに来た。


発注待ちの物もあったが
運よく全て持ち帰ることができそう。



華金だということもあり、
志乃にこの後飲みに行こうと誘われたが
思い出したのが弟からのメール。
泣く泣く断った。


23時には絶対に帰る。
これは私の中で決めていること。


どんなに楽しい時間を過ごしていても
これだけは守ると決めていた。



だから今日も
再度笹上さんたちに挨拶してから
一足先に会場を出る。







< 25/ 448 >