ケータイ小説 野いちご

不器用彼氏による不器用な愛情表現

決戦ステージ

「おはよう!」

「はよ。、、、、っ!!」


「今日の課題考査どう?」

「や、それよりもその髪型どうしたんだよ!」

「え!?変?」

「そうじゃねえ!なんでそんなに急に変えたわけ?」


「変えたってほどじゃなくて。いろいろできる方がいいよね、と思ってたからさ。見てー!三つ編みハーフアップ!」

「似合わない」

「そんな、、、ひどい!そこまで言わなくてもいいじゃん!」

「なんだよ、急にキレて。つか、何考えてんの。」


「メイクもちょっとして、もう少しかわいいと思ってもらいたかったの!」

「新しく同じクラスになる人たちにか?」

「そうじゃないもん!もう知らない!先行くね。」

「あ、おい、待てよ!」


なんであんなに、鈍いの?俺にかな?って少しも思わないのかな。


それに、似合わないって、本当に思ってても言っちゃいけないと思う!!
今回は絶対瑠衣くんが悪いー!!


「どうしたの?そんなに早足で歩いて。」


「勇斗くん?おはよう。私怒ってるの!」


「なんで?ってか瑠衣はどうしたの?」

「瑠衣くんがメイクもこの髪型も似合わないって。」


「お、本当だ。かなり雰囲気変わるんだな。似合ってる。それにしても、彩ちゃんにそんなこと口走るなんてあいつ、正真正銘のばかだな。」

「え?」


「ううん。こっちの話。メイク、彩ちゃんの目をぱっちりさせてるし。上手だね。」


「春休み中に教えてもらって特訓したの。それなのに、、、もう落としたくなってきた。」


「え?なんで!?もったいねぇよ!とりあえず教室入らない?それで、瑠衣が謝りに来るの待とうぜ。」


「え?謝りに来るかなぁ。瑠衣くんはきっと来ないよ?」


「あいつ、通るじゃん?俺らの教室。そのときに作戦を実行するから。彩ちゃんの演技力にかかってるよ。」


「作戦?どんな?」


「、、、こそこそ、、、」


「え?できるかなぁ。」


「任せとけって。絶対成功するから。」

< 17/ 30 >