ケータイ小説 野いちご

大空に花束を

第一章〜手を伸ばせば〜

『私は、ダンスが好きだ』

体全身を動かして、ダイナミックな技が成功

すると嬉しくて、私にとってダンスは「生き

る理由」っと言ってもいいだろう。

特に私が好きな技は、バク転だった。

空を、いや大空を舞ったようで心が踊ってる

感覚になる。

成功するまで、時間は掛かったし、勿論辛い

思いもした。

『何故できない。』『何がいけない。』

生まれつき体が弱く、普通の人より筋力がな

い私は自分の体を呪うように憎んでた時期も

あった。

『どうして私だけなのか?』

夜な夜な寝床に入ると、いつもその事ばかり

思い出し涙があふれる。

一生分泣いたかのようなくらい、翌日になる

と目が赤く腫れている事もよくあった。

普通の子と同じくらい筋力があってほしかっ

た…。

願わくば叶ってほしい…。



そんなある日、暗い顔をしていた私を見た幼

馴染の木川氷空(きがわそら)が私の頬を両

手で思いっきり叩いたのだ。

< 1/ 27 >