ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

菊池くん観察日誌


黒い縁の眼鏡。
そこから覗くつまらなそうな瞳。
長い指が、独特な持ち方でシャーペンを支えている。
制服は意外ときちんと着ていなくて。
少しだけ、いい匂いがする。

「……なんですか」

「ん?」

「さっきから、どうして見てるんですか」

「見てないよ」

「見てます」

そう言って、大きな黒い瞳が眼鏡越しに射抜いてくる。
その視線を受け、前の席の、更にひとつ前の席に座る佐々木は気まずそうに笑った。

「だって、菊池くん日誌書くの遅いから」

「帰っていいって言いましたけど」

返答に、佐々木はくるくるに巻いた長い髪を一束、指にくるくると巻きつける。
菊池の視線はまだ佐々木に向いている。

「だって、菊池くん、メガネだから」

「は?」

本気で呆れた顔をする。
その反応にしまった、と動揺を顔に出してしまう。

こんなことを言いたかった訳ではない。
言い訳をするにも、もっと何かあっただろう。

「いいじゃない別に。見てたって。減るもんじゃないし」

開き直ると、菊池は大きくため息をついた。
そして眼鏡を外し、机の上に置く。

日誌に再び視線を移し、やっぱり独特な持ち方でシャーペンを走らせ始めた。

「え、なんで、メガネ」

「日誌を書くくらいでしたら、メガネは必要ないので」

「だから、外したの?」

「思う存分見たらいいじゃないですか。メガネ」

「え?」

菊池の言葉に、佐々木は本気で困惑したような顔をする。
もしかして、眼鏡が好きだから、眼鏡を見ていたと思われた……?

確かに、眼鏡は捨てがたい。
捨てがたいのだけれど。
と、心の中で付け足しながら。

< 1/ 5 >