ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

アティックシンデレラ

let's たこ焼きパーティー



「明人さんっ!あの、たこ焼きパーティーしましょう!」


夕食の時間が近づいて、自室の屋根裏部屋から降り、厨房についてから、ご飯の支度をしていた明人さんに向かってそう言った。


さっきの明人さんの話を聞いて、あれから部屋で色々考えた。


ここのメイドとして働いている以上、ここに住む人たちに、ここが唯一の帰る場所になってほしい。


たくさん笑って、ホッとする場所であってほしい。


こんなに大きな寮なんだ。


『空っぽ』なんかじゃなく、たくさんの思い出をいっぱい詰め込んでほしい。それはシェフとして働く明人さんにも同じ気持ちだ。


「たこ焼き機ってありますかね?!私もやったことないんで全然わかんないんですけどっ」


明人さんに前のめりでそう聞く。


「たこ焼き機、なら、うちにあるけど……」


っ!!


「明人さんの家にあるんですね!あの、急で申し訳ないんですが、明日の夜にできればと思っていて」


「あぁ、なら明日出勤するときに持ってくるけど……タコパなんて急にどうしたの」


< 55/ 322 >