ケータイ小説 野いちご

分け合う体温

第6章 再開で

それから半年して、私は大学生になった。

志望していた地元の大学だ。


お父さんは、相変わらず理人の事を、許していない。

何かあると直ぐ、理人と会っていないかって、聞いて来た。

今時メールとかLineで、連絡は取れるだろって思っていたけれど、あの後お父さん、理人の携帯電話を解約してしまって、番号が分からなくなってしまった。

「あーあ。LineのID、聞いておけばよかった。」

後悔しても、しきれない。

今でも思い出す、理人がこの家を出て行ってしまった日。


クリスマスも一緒に、過ごせなかった。

お正月も。

大学も受かった事さえ、告げられない。

一度、お祖父ちゃんの家に行ったけれど、理人に会わせてもらえなかった。


ねえ、理人。

元気にしている?

< 64/ 71 >