ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途な彼の過剰な愛情表現

この気持ちの正体





「菜穂、おはよう。
今日から学校だよ」



夏休みが明け、今日から学校が始まる。



朝から蓮くんに起こされ、目を開けるのだけど……。



「……菜穂?どうしたの?」
「…う、ううん…なんでもない、おはよう…」



体がだるかった。
昨日までなんともなかったのに。



慌てて起き上がるといつものようにお姫様抱っこをされてしまう。



「あ、あの…」
「もうそろそろ習慣化してきたね」



蓮くんは嬉しそうに笑うけど、私が慣れることは一生ない気がする。



「このまま食べさせてあげることにも成功したら嬉しいんだけど」



「だ、ダメ…!」



食べさせてもらうだなんて、恥ずかしくて逆に食べることができない。



熱くなる私の顔を見て、蓮くんが嬉しそうに笑った。




< 302/ 370 >