ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途な彼の過剰な愛情表現

私と彼の戦い





暖かい何かに包まれ、意識がふわふわとしている。



「菜穂、朝だよ」



その時誰かの声が聞こえてきた。



その声を確認するかのように、私はそっと目を開けた……。




「あ、起きたね。
おはよう、菜穂」



真っ先に視界に映ったのは、これでもかというくらい朝からかっこいい蓮くんの姿。



一瞬、どうして蓮くんがいるのかわからなくなった。



そうだ、私たち一緒に住んでるんだよね。
すっかり寝ぼけて忘れてしまっていた。



それにしても…なんで私は蓮くんに起こされているの?



確かにアラームセットしたはず……もしかして!?



慌ててスマホを確認する。



時間はまだ余裕があるが、アラームがセットされていなかったという事実に気がついた私。



最悪だ…確かにセットした記憶があるのに、どうしてされてないの?



寝る前に確認してなかった私も悪い。




< 117/ 370 >